ニコチンリキッドのデメリット

ニコチンリキッドとは?

ニコチンリキッドとは、電子タバコに利用するリキッドのことを言います。電子タバコに、このリキッドを付着させ液体を熱することで、そこから水蒸気が出る仕組みです。その水蒸気を吸って、煙を楽しむ嗜好品のとして活用しています。言うなれば、タバコの代用品と言えます。ニコチンリキッドは、国内では販売していません。なぜなら、ニコチンを含むものを販売することは、違法となるため、国内で販売されているリキッドは、すべてニコチンが入っていません。そのため、ニコチンリキッドを購入するためには、国外から輸入する必要があります。電子タバコは、ニコチンが入っていなくても、様々なフレーバーを楽しむことができるので、アロマ感覚で煙を楽しめます。

ニコチンリキッドのデメリットとは?

国内では、入手が困難になるので、ニコチンリキッドを利用するのはそもそも難しいでしょう。国外から個人的に輸入しようとすると、リスクも高いです。知識もなく購入してしまうと、粗悪品を手にしてしまうかもしれません。ニコチンにも種類があり、有毒性のあるものを利用すると大変なことになります。有毒なリキッドを利用すると、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすこともあります。成分が無毒で、しっかりしたものを利用することをおすすめします。ニコチンが強いものは、中毒性もあり、ニコチン依存になってしまいます。個人輸入ができるからと、気軽に手を出すのはやめましょう。正しいルートを利用し、体に害のないものを利用するようにしましょう。