個人輸入でフレーバー付きニコチンリキッドを購入する

個人輸入でニコチンリキッドを手に入れるには

電子タバコは今やとても人気がありますが、この電子タバコに慣れてくるとニコチンリキッドを試したくなるのではないでしょうか。でもニコチンリキッドが欲しくても店頭では販売されていません。日本の薬事法により、ニコチンリキッドの譲渡や販売は禁止されているからです。

したがってニコチンリキッドを手に入れるには、3つの方法があります。まず海外で購入、税関申告の上で日本に持ち込むことです。次に海外に在住する友人などに購入してもらい日本に送ることで、最後に海外の専門通販サイトから購入する方法です。

このうち一番簡単に手に入れる方法は、海外の電子タバコ専門の通販サイトから購入、個人輸入することです。海外の通販サイトというと英語という壁を感じるかもしれませんが、日本語表記のサイトが複数あるのでその点は問題ありません。また個人輸入といっても数量が決まっているので守れば大丈夫です。

フレーバー付きニコチンリキッドを手に入れる方法

ニコチンリキッドには、ノンフレーバータイプとフレーバー付きのタイプがあります。ノンフレーバーは、自作用リキッドで他のリキッドと混ぜて使います。フレーバー付きならば電子タバコにいれたらすぐに楽しめるので、初めてニコチンリキッドを使う人におすすめです。

ところでフレーバー付きニコチンリキッドの場合、ニコチン濃度に注意が必要です。もともとニコチンについて、タバコと電子タバコではのどへの刺激が異なります。個人差がありますが、電子タバコの方がのどへの刺激が強いと感じる人が多いようです。したがってフレーバー付きニコチンリキッドを選ぶ場合、電子タバコに慣れていない人はニコチン濃度が低いリキッド(3mg/ml)を選びましょう。

フレーバーの種類は専門通販サイトによりますが、フルーツ系、メンソール系、デザート系などいろいろあるので自分の好みに合ったものをぜひ見つけてくださいね。