個人輸入でニコチンベースリキッドを購入して自作する

日本での購入手段は輸入のみ

紙巻きタバコに慣れていると、電子タバコは物足りなく感じるかもしれません。そこで試したいのがニコチンリキッドです。普段使いのフレーバーに混ぜるだけでも、紙巻きタバコのような満足感を得られるようになります。ただし日本では、ニコチンを含むリキッドの販売が認められていません。ニコチンはアルカロイド(植物性の毒物)に認定されているため、薬事法にひっかかってしまうのです。「紙巻きタバコもニコチンを含むではないか」と思うのですが、紙巻きタバコはあくまでも植物の葉っぱが目的。ニコチンではなく、植物のフレーバーを楽しむもの、と認識しているのです。

日本店舗でニコチンリキッドを購入できない以上、電子タバコでニコチンを楽しむためには、海外から輸入する必要があります。輸入といっても大げさなものではありません。電子タバコ専門店を利用すれば、何の苦労もなくネット購入が可能です。

混ぜ過ぎにはご注意を

電子タバコを吸っているのであれば、お気に入りフレーバーがあるはず。そこへニコチンリキッドを加えるだけでも、電子タバコ喫煙をより楽しめることでしょう。ただし注意点もあります。それは、ニコチンリキッドをあまり入れすぎないこと。液体に溶けているニコチンは体内に吸収されづらく、最初のうちは物足りなく感じるものです。だからといってニコチンを混ぜ過ぎると、今度はのどへ直接ニコチンが作用し、のどを痛めてしまいます。薬事法に定められているだけあって、ニコチンはやはり刺激が強い物質なのです。紙タバコと同じ感覚でニコチンを扱うと、身体へ負担が大きくなってしまいます。少量ずつ混ぜる量を増やし、のどに優しい喫煙を楽しみましょう。