ニコチンリキッドとは?

ニコチンリキッドは名前の通りニコチンが入っているリキッドですが、具体的にどのような効果があるのか知らないという人も中にはいるでしょう。ニコチンリキッドは普通のリキッドとは様々な違いがあるため、その特徴やメリット・デメリットを紹介します。

ニコチンリキッドの特徴

ニコチンリキッドのメリット

ニコチンリキッドのデメリット

ニコチンリキッドを手に入れる方法とは?

普通のリキッドとは違い、ニコチンリキッドは試してみたくても日本国内ではニコチンの売買が禁止されているので、直接お店で購入することが出来ません。しかし、それでも試してみたいという場合には手に入れる方法がいくつかあるので紹介します。

個人輸入でフレーバー付きニコチンリキッドを購入する

電子タバコは今やとても人気がありますが、この電子タバコに慣れてくるとニコチンリキッドを試したくなるのではないでしょうか。でもニコチンリキッドが欲しくても店頭では販売されていません。日本の薬事法によ…

続きを読む...

個人輸入でニコチンベースリキッドを購入して自作する

紙巻きタバコに慣れていると、電子タバコは物足りなく感じるかもしれません。そこで試したいのがニコチンリキッドです。普段使いのフレーバーに混ぜるだけでも、紙巻きタバコのような満足感を得られるようになり…

続きを読む...

海外で購入して国内に持ち込む

日本以外で買えるニコチンリキッド

電子タバコは人気のある商品で、海外では良く使われています。日本でも利用者が増えてきていますが、製品を使うためには特別なものがいります。この製品はリキッドと呼ばれる液体を使って、タバコのように楽しむ製品でよく使われています。リキッドは国内でも販売されていますが、法律の規制があるのでニコチンが入ったものは利用しづらいです。ただ海外では規制が緩い国があるので、そのような地域ならばニコチンリキッドでも問題なく買えます。 購入した商品は現地で使うのは問題ありませんが、国内に持ち込む場合は注意すべき点があります。よく考えないで国内に持ち込もうとすると、関税で止められてしまう場合があるのでルールなどを知っておかなければいけません。

国内にニコチンリキッドを持ち込む時のポイント

海外でよく売られているニコチンリキッドを、国内に持ち込む場合は注意点があります。基本的に個人利用であればニコチンリキッドの持ち込みは問題なく、関税などでも特に手続きをしなくてもすみます。ただ大量に国内に持ち込もうとすると、関税で止められてしまうので気をつけなければいけません。 大量に国内に持ち込むと関税で止められてしまうのは、販売目的で購入したと思われるからです。普通の人が利用する程度の量ならば問題ありませんが、明らかに大量に持ち込むと問題になるので注意がいります。どの程度のニコチンリキッドならば問題ないかは、ルールが決まっているので知っておけば対応できます。十分に調べてから国内に持ち込みをすれば、安心してニコチンリキッドを利用できます。

タールが含まれていないニコチンリキッド

ニコチンリキッドとはニコチンと添加物が含まれた液体のことで、加熱式タバコとして多くの人々から注目されています。